女性ホルモンとその他の物質について

□女性ホルモン
性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモンの事です。
雌性(しせい)ホルモンとも言い、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(ゲスターゲン)の2種類があり、うち女性らしい体つきなどへの影響が大きいエストロゲンを特に指して女性ホルモンと呼ぶ場合もあります。

□エストロゲン
女性ホルモンと生薬(薬)は切っても切れない関係です。
例えば「エストロゲン」という物質は、女性ホルモンに深く関係しています。
エストロゲンは卵胞から分泌されるホルモンで、子宮や膣、乳房に働きかけ妊娠しやすい体を作ります。
さらに、豊かなバストやヒップなど、丸みのあるラインをつくります。
また肌の新陳代謝にも関係し、肌の張りを保ち、コラーゲンの再生能力を高める働きもあり、美肌つくりには欠かせません。

女性ホルモンと媚薬
女性ホルモンに影響を及ぼす薬としては、昔から媚薬(催淫剤、惚れ薬)が挙げられます。
昔から瞑想などに使用されてきた香木「サンダルウッド」など、心を高揚させ催淫作用を持つことが期待されているのです。サンダルウッドは、深く、落ち着きのあるこの香りを苦手と思う方は少なく、特に男性に好まれる傾向があるようで、ある研究室が出した結果では、柑橘系の香りに次いで人気だったそう。また、女性にも心から落ち着けるとして愛用者が多いのも特徴です。

□プロゲステロン
プロゲステロンとは、ステロイドホルモンの一種で、女性ホルモンにも関係しています。
一般に黄体ホルモン、プロゲストーゲンの働きをもっている物質として代表的な物質です。
プロゲステロンは、卵巣の黄体で合成され、卵巣を除去した乳牛の血液中にもプロゲステロンは含まれます。
これは、副腎皮質からもプロゲステロンが微量ではあるが分泌されているからで、プロゲストテロンは代謝作用に必要不可欠な物なのです。

オキシトシン
オキシトシンは女性ホルモンにも関係し、視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンの事です。